#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

言葉で人を動かす

f:id:retreatsalonai:20180316132101j:imagef:id:retreatsalonai:20180316132101j:image

 人があまりいない図書館の中で、本の中に入っていると、私のための言葉に出会うことがあります。作者はそんなつもりで書いていないと思いますが、あの時、あの言葉が、あの本があったから、いまの私がいるのです。

 

 何度読み返しても心動かされる本もあれば、吸収して消化されて、栄養になっていった本もあります。

 

 先日行ったイベントで、はあちゅうさんは「本は、理想の自分が、弱い自分に向けて書いている」とおっしゃっていました。だから本を読むと背中を押されている気持ちになるんだなぁと思ったと同時に、そろそろ私も何で書くのかはっきりさせなきゃなと考え始めました。

 

 

 

書いて伝える

  ブログを書き始めた当初は、とりあえず書くのが目標で、アクセス数とか、誰のために書くとか意識していませんでした。

 

 私は、葉巻とお酒、着物のことについて書きたいので、このテーマは続けていきます。

 

 文章のスタイルは模索している最中です。作家さんって、作品が変わっても、なんとなく文章の雰囲気が似ています。ウェブサイトも、良いところは、人が変わっても文体が一緒で、世界観が統一されています。

 私の文章は、その時の気分で書いているのでバラバラです。自分でうまく書けたと思ったときはだいたい詩っぽい雰囲気ですが、毎回その文体で書けないし、気取ってる感じがしてちょっと恥ずかしいんですよね。

 

 私は自分の文章を読んで、葉巻やお酒、着物に興味を持ってくれて、実際に挑戦してくれる人が出てきて欲しいなぁと思っています。

 そのためにはどんな文章がいいのか、考えながら更新していこうと思います。