#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

「自分」を仕事にして生きる先 #はあちゅうセミナー

f:id:retreatsalonai:20180315213843j:image

 1月から始まった『「自分」を仕事にする生き方』の発売記念セミナーも、今回が最後となりました。

前回までのイベントレポートはこちら

 第1回

ライター・ヨッピー×ブロガー・はあちゅう #はあちゅうヨッピー - #ハマキモノ

第2回

書きたいものを書く、その後 #はあちゅう小野美由紀 - #ハマキモノ

 

 全3回の中で男性が1番多く、男女ともに20代から50代の幅広い層の方が来ていて、「言葉でこんなに色々な人と繋がれて嬉しいです」と話されていたのが印象的でした。

 

「何も変えないで、人生が変わるわけがない。」

「本は、完璧な理想的な自分が、ちょっと前の自分や落ち込んでる自分に向けて書いています。」

 

 はあちゅうさんは、人生をフル活用する、「自分」を仕事にして生きる、と決めて行動していると分かった1時間でした。

 

 

 

歩きやすい靴と軽い荷物で運命を味方につける

 

 大きな収入源の1つだったオンラインサロンを、去年末で全て終わりにしたはあちゅうさん。

「何かを辞めたら何かが入ってくる」とおっしゃっていた通り、サロンを閉じた当時は知らなかったボイスメディア「Voicy」を始め、常に再生回数トップに君臨しています。

 「自分が楽しんでやっていると、人が集まる。集まった中にお金に変える人が出てくる」と話されていた通り、はあちゅうさんが参加して以降、色々な分野の著名人・インフルエンサーが続々と後に続いています。

 はあちゅうさんが最近募集したスポンサー枠は、あっという間に埋まり、5月までいっぱいだそうです。「そんなに大きな金額じゃないけれど、ただ面白そうだと思って始めて、お金は後からついてきた」

 本の中でも書かれている通り、お金も結果も、必ず後からついてくるんですね。

 

人からもらう目の前の仕事は、本当の仕事ではない

 

 はあちゅうさんは、noteで課金制マガジン「月刊はあちゅう」を連載しています。

note.mu

これは、自分で「毎日を〆切」と決めて始めたこと。「ブログを書くのが好きで、10年くらいずっと続けていたら、知らないところでnoteが開発された。今ではnoteで同じように文章を書いていて、それがお金になっている」

 本の中にある、〆切がない仕事をこれからもどんどん見つけていかなくては、私の未来はないというフレーズ。イベントで言っていた、従来の「作家」という肩書にとらわれず、発信方法を進化させて、飛躍したい、という言葉。こう考えているはあちゅうさんがどうなるのか、これからも目が離せません!

 

 

 余談ですが、Voicyに出演させて頂きました。(ジャケット写真の真ん中のグレーの奴)実はVoicyに開設依頼したけど連絡が来ず、配信側にはなれないのか…と思っていたましたが、夢がかないました。

voicy.jp

 はあちゅうさんありがとうございました!