#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

早起きしてぼーっとする #朝余白

f:id:retreatsalonai:20180307223927j:image

 「朝の余白で人生を変える」は、ベストセラー「『朝4時起き』で、すべてがうまく回りだす!」の著者、池田千恵さんがプロデュースする「朝活手帳」に掲載された歴代のコラムをベースに書かれたもの。

 「朝活の第一人者」が語る「朝の余白」とは

 

 

「朝、イコール効率的」ではない

 

 この本は、朝から活発的に行動して人生を変えたい人に向けて書かれたものではない。1日を気分よく過ごすため、早起きして自分のための余白の時間を持つ大切さについて書かれている。

 「早起きしたら、何かまじめなことをしないといけない」と気負うのではなく、朝のひとときを楽しんでみる。例えば、美味しいご飯を、よくかんで味わって食べる、ゆっくりと朝の支度をする、など。時間の余裕ができれば心にも余裕ができるので、自然と「したい!」と思うことが出てくる。本書では、「朝の余白」をつくると、仕事、勉強、人間関係、家族関係にどんな影響があるのかについて書かれている。

 

朝の余白をつくるには

 

 たくさん寝たい、夜型の生活だからできない、けど「朝方になりたい!」と少しでも思っているのであれば、手帳を使って、身体のリズムを見つめ直そう。

本当に自分は8時間睡眠でないと頭が働かないのか、6時間睡眠をしたら、お昼の何時くらいに眠くなるのか、などを手帳に記入してみる。

 また、夜仕事が終わっていなかったとしても、終わるまでやるのではなく、朝にまわして集中して取り組むようにしてみよう。

 身体のリズムや、仕事の波を把握することで、自分なりの早起きのルールをつくれる。

 

 朝、無理なく自分のための上質な時間をとる。その方法と良さが余すことなく書かれた一冊。