#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

ルームフレグランス、花を飾る幸せ

f:id:retreatsalonai:20180221205004j:plain

 

 ドラマを見ると部屋にあった花瓶で殺害したシーンが出てきたりする。その度にいつも花を飾る習慣があるなんてすごい、とトンチンカンなことを思う。

 

 いままで26年間生きてきて、部屋に花を飾ったことが無い。飾ろうと思ったことはあるけれど、部屋の印象を決定づけるような気がして手を出せずにいる。

 ルームフレグランスもそうだ。誕生日か何かにプレゼントしてもらって以来、欠かさず買っていたのだが、半年くらい前に無くなってしまった。無い生活に慣れると、匂いで部屋の雰囲気が左右されることがないのでまあいいか、と思って今に至る。

 

 ルームフレグランスも、花も、自己満足なのだ。

 

 

 

幸せ度が上がる

 

 花を飾る気が無いわけではない。最近見た雑誌でドライフラワーは2~3か月に1回買い替えればいいだけだから楽と書かれていて、それなら私でもできそうだと思ってみたり。

 ルームフレグランスは1回買うと取り返せないから、10分間香りを出してくれるものを買ってみたり。

 これらが部屋に欠かせない人達は、買うのが好きなのだろう。

 花屋さんにいるのはたいてい幸せそうな顔をしている人だし、フレグランスを選んでいる人も買うか買わないかより、どの香りにするかで悩んでいる。

 

 自分のお金をどう使うかで、人生の満足度が変わる。

花やルームフレグランスが部屋にあると、幸せな気持ちになるから飾るのだ。

 

 私は幸せは加点方式だと思っている。上限はない。

葉巻を吸っている時は幸せだし、そこに美味しいお酒があればもっと幸せ。

気分よく帰ってきて、部屋に綺麗な花があって、良い香りがしていたらますます幸せのはず。

 

 そう思うと、自己満足だったとしても花とルームフレグランスは諦められなくなる。

 

 けれど、正直に言うと買いに行くのが面倒くさい。種類が色々あってだんだん訳が分からなくなってしまう。買った後の部屋を想像して、無い方がいいかもと、手ぶらのまま店を後にする。

 

 花とルームフレグランスがある部屋とない部屋、どちらが幸せなのか。もうしばらく答えは出そうにない。