#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

今の私になるまでをざっくり

 昨日した昔の話。

その辺に生きている26歳の女の過去をさらしても仕方がないのだけれど、今までの経験が私を作っているし、そのおかげでいま楽しいので、語ってみたくなった。

 

retreatsalonai.hatenablog.com

 こじらせても楽しく生きれるよと言いたくなったのだ。

100記事近くなったので、話すことがどんどん内向きになりつつあるのかもしれない。

 

 今日は社会人になってから今までの話。

 

 

 

新卒で入った会社は3カ月でやめた

 

 長期留学から帰って、周りの就活モードに流されて、自分がしたいのは何なのかよく分からないまま会社の面接に行ったりしていた。

小規模な合同説明会のマッチングシステムで、私が良いと思った企業の人も、私のことを良いと思ってくれたらしく、話の流れでインターンをさせてもらえることになった。

週に何回か手伝いに行き、そのまま入社したのだが、だんだんと雲行きが怪しくなってきた。

どこかの偉いおじさんが講義をしにきて、大声で冊子の言葉を読むとか。新入社員研修で辺鄙なところにある建物に泊まり、修行として山道を裸足であるくとか。

 インターン期間を含めると1年くらい会社に在籍して、これは悪化する一方だなと思ったので、後先考えずにとりあえず辞めることにした。

 

シガーバーの世界へ

 

 ふらふらしているころ、知り合いに声をかけられて店づくりを手伝ったのがきっかけで、シガーバーで働くことになった。

お酒は好きだったけれど、居酒屋で飲む程度だったし、もらいタバコすらしたことがなかったので、やっていけるのか非常に不安だった。

 最終的に毎日葉巻を吸って、お酒を飲む生活になり、地下の広くはないスペースはとても居心地が良かった。

 そのお店がなくなることが決まって、なんとか葉巻とお酒に関われないかと思って、ブログを始めることにしたのだ。

 

#ハマキモノ誕生

 

 読んだ本の中に、反応がなくても半年続けてみる、と書かれていたので、とりあえず半年は毎日更新しようと思って始めたブログ。

 最初から反応をもらえて、とても嬉しかったのでいままで続いています。どこかのツイートで、100記事書き続ける人の方が少ないと書かれていたけれど、長くもあり短くもあり。

 途中で正社員になったことないし、なってみようと思ったのですが、時間の拘束が厳しかったので、断念し、周りの子たちが会社を辞めたいと言いながらやめずに4年目を迎えているのを横目に、逸れたレールを走り続けようと決めました。

 ただブログを続けていても、いまは色んな人が色んな所で文章を書いているので読まれないだろうと思って、もともと書こうと思っていた葉巻とお酒の話に加えて、着物を追加して #ハマキモノ は出来上がったのです。

 画が強いので、うまいこといけばどうにかなるんじゃないかなと思っているのですが、誰に向けて発信するのか、どうなるのが自分のゴールなのかいま模索しているところです。

 

 これからもよろしくお願いします。