#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

ポップコーンで評価する

 

 映画館の楽しみといえば、ポップコーンを食べること。

 

塩バター味が最高。

絶対に高カロリーだけど、気にしない。

 

暗い空間で、隣にいる人のことも気にせずばくばく食べる。

大きい音の時はボリボリと。小さな音の時はチュウチュウと。

 

 ポップコーンが余ることもある。

そういう時はエンドロールで早食い競争のようになる。

 

けど食べきれなくても気にしない。

 

別のもので満たされているから。

 

 

 

いい映画はポップコーンが余る

 

 映画館でポップコーンを食べるのって、結構大変だと思う。

 

暗い。狭い。うるさい。

 

 それでも途中で無くなることもある。

そういう時はポップコーンが美味しかったと思いながら映画館を後にする。

 

 夢中になっているとき、世界には私とスクリーンしかいなくなる。

 

登場人物は平面のままなのに、迫ってくるような感覚。 

音がぐわんぐわん鳴って、耳か頭か、どこで聴いているか分からない。

 

椅子から動けず、手や口を動かす余裕なんて無い。

ただただ圧倒される。引き込まれる。

 

 周りが明るくなって、現実に戻ってきたとき、残ったポップコーンが、私がどれだけ映画の世界に入り込んでいたか教えてくれる。