#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

日本の紅玉を使ったリンゴワイン。ではオレンジワインは?

 

   外食すると普段家で食べないものを食べたくなりませんか?
 スパイスをたっぷり使ったカレーとか、色んなハーブが入った紅茶とか。

   

   お酒も、知っているものより飲んだことが無いものを注文したい。

そんなあなたにオススメなのがオレンジワインです!

 

 

 

オレンジワイン 何で出来てる?

 

 紅玉を使ったリンゴワインがあるくらいですから、名前だけ聞くとオレンジを使ってるのかな?と思いますよね。

オレンジワインという名前ですが、オレンジは一切使われていません。

 

 白ブドウを原料に、赤ワインと同じ製法で造られたものがオレンジワインです。

 

 ワインの製法を簡単に説明すると・・・
白ブドウの果肉のみを使って造るのが白ワイン。
黒ブドウを丸ごと(果肉・皮・種)使って造るのが赤ワイン。

 

つまり、白ブドウを丸ごと(果肉・皮・種)を使って造るのがオレンジワインです。

 

 出来上がったときの色がオレンジっぽいので、オレンジワインと呼ばれています。
白ワインにはない渋み(タンニン)があり、複雑な味になっています。

 

フルボトルのオーダーで迷ったらコレ!

 レストランでフルボトルを頼むとき、どの料理に合わせて選ぶか迷いますよね。
そんな時はオレンジワインがオススメです。

 カルパッチョなどのさっぱり系の料理なら白ワインだし、デミグラスソースを使った煮込み料理なら赤ワインだし・・・なんてお悩みは、白ワインのさっぱりさ+赤ワインのタンニンを持つオレンジワインをオーダーしてみてください。

 

 私が実際に行ったお店がこちら。

料理も美味しいので色々頼みましたが、邪魔をせず、かつワインを飲んでる感もあり、これは良いね!と一緒に行った人と盛り上がりました。

 このお店はオレンジワインだけでなく、ギリシャなどの変わった産地のワインもあるのでおすすめです。 

 

 

   ここでなくてもオレンジワインを取り扱っているお店を見つけたらぜひお試しあれ!