#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

ライター・ヨッピー×ブロガー・はあちゅう #はあちゅうヨッピー

 

 ライターもブロガーも、ネット上にはたくさんいて、正直違いってよくわかんないよな、と思っていました。

 

 今回、はあちゅうさんの「自分」を仕事にする生き方の刊行記念イベントに参加して、お2人の話を聞いたら、違いがはっきりしました。

 

 

 

初ヨッピーさん

好きなブロガーがいる、と友達に話したとき「それってヨッピー?」と聞かれて初めて認識したヨッピーさん。

著書も読んだし、

 

 

明日クビになっても大丈夫! (幻冬舎単行本)

明日クビになっても大丈夫! (幻冬舎単行本)

 

 

ウェブ記事も読んだ

 

time-space.kddi.com

けれどお会いするのは初めて。

 

・・・大きい(体格) 

器も大きい人でした。

 

 f:id:retreatsalonai:20180117234140j:plain

 

みんな会社やめて大丈夫

 

 ヨッピーさんはしきりにみんなやめても大丈夫でしょ、と言っていました。

会社を辞めたころ、稼げなくてもファンはいて、路頭に迷ったら誰かが住む場所とか仕事を提供してくれると思っていたらしい。

 ヨッピーさんのようになれなくても、クビになっても大丈夫!と思える何かがあると、会社で余裕をもって働けるよねという話。

営業は特にフリーランスに向いていて、お金の交渉とかできるのは強いそうです。

技術系とか、特有のスキルがある人は良いとおっしゃっていました。

 

赤裸々なお金の話

 

 フリーランスになると、お金の交渉がつきもの。

特に印象的だったのは、会社員が30万から33万に収入を増やそうと思うと大変だけど、フリーランスなら5分ごねるだけであがったりするという話。

 はあちゅうさんは、同じようなフォロワー数で、同じようなイベントに出てくる方に、いくらで仕事を受けたか聞いて、低すぎる場合は交渉するようにしていたそうです。

 ヨッピーさんは、使える予算が増えたりとか、数字を取ってお金がもらえるときに成長を感じるとのこと。

 

書く時間

 「ライターは誰かの代理人であるべき」ときっぱりおっしゃっていたヨッピーさん。世の中の需要を考えて、どんな話が求められているのか、人のやりたいことを代わりにやってあげる視点がある人は強いそうです。

また、早く書ける記事(ヨッピーさんは1記事3時間)ほど、迷いがなくて、良い原稿だそうです。

 はあちゅうさんはブロガーなので、旅行などに行くときも、最初から書くことを決めず、行ってから考えるとおっしゃっていました。

 

 考え方、仕事の仕方、キャラクターまで全然違うお2人のトーク、とても楽しかったです。

印象的な部分をまとめましたが、書ききれてないことがたくさんあるので、「#はあちゅうヨッピー」で検索してみてください。

 

残り2回、単発購入もできます!

www.gentosha.jp