#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

香りで癒される

 

 イライラ、もやもや、マイナスな気分になった時、することはなんですか?

 

コーヒーを飲む?ゆっくりお風呂につかる?

 

 「香り」に癒されることってありますよね。

 

シャネルは「香水をつけない女性に未来はない」なんて名言を残していますが、香水でなくとも、自分が好きだと思う香りってあると思います。

 

 私が落ち込んだ時本屋さんに行くのは、読みたい本を探すというより、独特の雰囲気だったり、紙の匂いに癒されたりするためという理由が大きいです。

 

 葉巻も、火をつけて吸うと煙が出るし、匂いがあります。

 

 喫煙席に漂うタバコのにおいとは全く別で、とてもいい香りです。

シガーバーで働いていたとき、女性のお客様で、「自分は吸わないけど匂いが好き」という方がいらっしゃったほど。

 

 ここからはアロマ的な役割をもつ葉巻の魅力についてお伝えしていきます。

 

 

瞑想の道具として

 

 瞑想がブームになったことがありましたが、座ってぼーっとするのってなかなか難しくないですか?

色んな事を気にしちゃうし、気づいたら寝てたりして。

 

 葉巻を吸っていると、自然とぼーっとできます。

呼吸が落ち着くからでしょうか。

 

 ものすごい勢いで息を吸うと煙が大量に口の中に入っていくので、むせます。

そうしないためにゆっくり吸って、ゆっくり吐いて、葉巻の味を楽しむのです。

そして煙の香りに囲まれて、漂っている煙を眺めたりなんかして。

f:id:retreatsalonai:20180111232028j:plain

 

 葉巻に集中すると、マイナス気分から浮き上がってきて、吸い終わるころには気持ちの整理がつくのです。

 

バロメーターとして

 

 同じブランドで、同じサイズの葉巻を吸っても、美味しく感じるときと、そうでないときがあります。

なぜか。

 

 自分の体調や気分によって感じ方が違う、というのが理由の1つです。

 

イライラもやもやしているときは、吸っている最中口の中がイガイガしたり、葉巻の燃え方が変だったりするのです。

美味しいはずの葉巻を吸って、これが嫌なのかも、という問題に気づくこともあります。

 

 1本自分の軸になる葉巻があると、香りや味の感じ方で、自分の状態を診断できます。

 

 

 葉巻の香りで癒されたり、自分のことに気づいたり。

アロマテラピーのように葉巻を使ってみませんか?