#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

ランキングに意味なし

 

 なんにでもランキングがあるし、ベスト3と聞くと気になってしまうもの。

 

 女性誌ではシーズンごと、下手したら毎月ベストコスメ特集があるし、ラーメンなどでも、地区ごとのランキング、種類ごとのランキングがある。

 

 けれど、よく考えてみてほしい。

今まで1度でも、それらが自分の中のランキングと完全に一致したことがあるでしょうか。

 

 私はいままでブログの中で、葉巻をランキング形式で紹介したことはない。

初心者におすすめなのは2000円以上ですよ、ということ

retreatsalonai.hatenablog.com

 

もしくは高い葉巻もおすすめですよ、ということ

retreatsalonai.hatenablog.com

 

を言っているけれど、具体的な商品名を出したことはありません。

 

 なぜか。

 

人によってベストなものが異なるからです。

 

 

葉巻の選び方

 

 シガーバーで働いていたとき、初めて葉巻を吸う方、吸ったことがある方、吸う習慣がある方、ヘビースモーカーの方それぞれ1/4ずついらっしゃいました。

 

 後者の方々は、自分の好みがわかっているので、大量の葉巻の中からご自分で吸いたいものを選べましたが、前者の方々には、「分からないので選んでください」と言われることが多々ありました。

 

 そのとき私が聞くことがいくつかあります。

 

「お食事はなにを召し上がりましたか?」

 すきっ腹に重たい葉巻を吸うと、ヤニクラになる可能性があります。

また、直前の食事によって口の中のコンディションが違うので、それに合わないものは除きます。

 

「普段お酒はどんなものを飲みますか?」

 既にお酒をオーダーされていたらそれに合うものを、まだの場合は普段飲んでいるものを聞きます。

お酒の好みによって、濃い味の葉巻が良いのか、繊細な味の葉巻が良いのか考えます。

 

「予算はどれくらいですか?」

 1本500円のものもあれば、1本5000円の葉巻もあり、見た目では判断がつきません。

予算を聞いて、その範囲内のものをピックアップします。

 

 質問の答えのほかに、お客様の雰囲気(体格、服装、話し方など)も葉巻を選ぶ参考にします。

 

 全く同じ人はいないので、おすすめする葉巻が違ってくるのです。

 

  葉巻を選ぶときは、誰かのランキングではなく、自分が惹かれるものを選ぶか、専門家(葉巻売り場の店員さん)の意見を参考にしてみてください。

 

 私も微力ながらお手伝いすることができます。

retreatsalon.thebase.in