#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

写真解説付き!葉巻って何?

 

 葉巻を毎日吸っていたのに急に吸えなくなったので、どうしようか画策中のあいです。

 

今日は葉巻を見たことない方に、写真付きでどんなものかご説明します。

 

 葉巻の基礎知識というより、大前提の解説です。

 

 

タバコと葉巻の違い 大きさ編

 

 まずはサイズ感ですが、タバコに比べてかなり大きいです。

f:id:retreatsalonai:20171205232359j:plain
f:id:retreatsalonai:20171205232416j:plain
(左)左からタバコ、シガリロ、葉巻(右)葉巻とタバコ比較

 

写真の真ん中はシガリロといいます。(葉巻とは別物です)

 

 一口に葉巻といっても大きさ、形さまざまです。

円筒形が基本で、そのほかに両端が細いもの、四角にプレスされたものもあったりします。

 

f:id:retreatsalonai:20171205232408j:plain
f:id:retreatsalonai:20171205232421j:plain
葉巻あれこれ

 

タバコと葉巻の違い 中身編

 

 タバコは、タバコ葉のほかに白い紙が巻かれており、その紙に燃焼材などの薬品が含まれています。

 葉巻は100%タバコの葉のみ。解体しても葉っぱしか出てきません。

 シガリロは、葉巻を作ったときにできた断片を集めて作ったものです。薬品などは含まれません。

 

 わかりやすく言うと、葉巻はステーキ、シガリロはミートボール、タバコは某チキンナゲットです。

 

タバコと葉巻の違い 時間編

 

 タバコは1本吸い終わるのに2分くらいですかね。

 シガリロはゆっくり吸ったら5分くらい。

 一方で葉巻は最低30分かかります。大きさによっては2時間くらいかかったりします。

 

タバコと葉巻の違い 管理編

 

 タバコと葉巻最大の違いは管理の有無。

タバコ、シガリロはその辺にほっぽっといても大丈夫ですが、葉巻は違います。

 

 葉巻にはある程度湿気が必要で、きちんと管理しようと思うと専用の箱や部屋が不可欠です。

 管理によって味が変わってしまい、失敗するとコク、旨みがなくなって、2度と本来の味に戻りません。正直まずくて吸えたもんじゃない。

 なので、初めての場合は葉巻屋さんもしくは、葉巻を愛してるバーで購入するべきです。

 

 管理に関してはまたいつか詳しく書きます。

 

 

今回はこの辺で。これはどうなの?みたいな質問があったらコメント欄にぜひ!