#ハマキモノ

葉巻と着物のことを中心に、毎日ちょっと幸せになるヒントをお届けします。

ギフテッド 才能を生かすかどうか

 

この記事はネタバレを含みます。

 

 映画「ギフテッド」を見てきました。

 

あんまり感動系の映画は好きじゃないんだけど、予告のパパが良すぎて気になってた映画。

 


『gifted/ギフテッド』予告編

 

ただ学校に行けっていうよりよっぽど効果ある。

予告の良さを数段超えて、良い映画でした。

(パパだと思ってた人は叔父さんでした)

 

才能を生かすかどうか

 

 昨日紹介したさあ、才能に目覚めようにこんなくだりがありました。

retreatsalonai.hatenablog.com

 

男は生涯抱いていた疑問を賢人として知られる聖ペテロにぶつけた。

「聖ペテロ、私はずっと軍の歴史に関心がありました。誰が史上最高の将軍ですか」

聖ペテロはすぐに答えた。「簡単だ。あそこにいる男だよ」

「何かの間違いでしょう」男は当惑した。

「彼とは地上で知り合いでしたが、ただの労働者でしたよ」

「友よ、そのとおりだ」聖ペテロは答えた。

「彼は史上最高の将軍だった。もし彼が将軍になっていたらね」

 

 

大人なら、持っている才能を生かすかどうかは自分次第ですが、7歳の子供だったら?

 

 

 メアリーは数学の突出した才能(ギフテッド)を持っているせいで6年間育ててくれた大好きな叔父さんと引き離されそうになります。

 

才能を伸ばして、彼女に合った教育を与えるべきというおばあちゃんVS普通の子供のように過ごすべきという叔父さん。

 

彼女にとってどちらが良いのか・・・

 

 難しい問題ですよね。

7歳の子供なりに要望があるけれど、それが彼女のためかどうかを決める権利はメアリーにないですし。

 

 

 大人になってよかった。

 

 才能を生かして仕事したい!って思ってましたが、それが幸せかどうかを決めるのは自分自身なんだなと強く実感しました。

 

 前の職場は10時から0時まで働いて、休みは週1日でしたけど、楽しい毎日でした。

なんだかんだ1人の時間があったし、お客様はみんないい人でしたし、葉巻も毎日吸えたし。

 

 これから先、別の仕事に就きますが、自分のやりたいことに結びつけられたのなら、(そうじゃなくても)幸せだと思って過ごしていきたいです。