ラブダイエット キモチイイ、カラダ

この記事はネタバレを含みます。 

 

 エリカ・アンギャルさんの「ラブダイエット」を読んで色々思うことがあったので、昨日今日と続けて書いています。

 

 前回の記事は彼氏じゃない異性との関係について

 

retreatsalonai.hatenablog.com

 

 

 今回は、彼氏との関係についてです。

 

 

彼の経験不足を責める前に、あなたは自分の体のことを知っていますか?

 

 女性同士でセックスの話になると必ず出てくるのが相手の男性の経験不足に対する不平不満。品格のある女性は、自分が感じる場所をスマートに伝えることができるのです、とのこと。

 

 

 

 どうされたら気持ちいいのか分かっていることは大切です。

 

 経験豊富で手練れな男性となら自分は何もしなくても満足できるセックスができそうですけれど、そんな人と寝た女性に今まで会ったことがありません。

 

 だったら、自分なりに研究するか、彼氏と一緒に探すかどちらかですよね。

 

 私は好奇心旺盛なほうなので、女性向けの動画や、恋愛・セックス系のWebメディアをチェックしています。

女性向けなので、パステルカラーのWebサイトが多く、見ていて安心感があります。

見ていて不快感というか、いやな感じがするのは自分に合ってないということなので、さっさと離脱しましょう。そこで得た知識も忘れちゃって大丈夫です。

 知識をつけるだけでなく、実践(セルフプレジャー)もおすすめですよ。

 

 

 彼氏とどうしたら気持ちいか話すのも大切です。

私がそうするのは、単純に気持ちいい時間を過ごすためと、痛いときに伝えやすくなるから。

セックスは彼氏としかしないので、その時間が体的にも心的にも気持ちいい方がいいし、

もし普段何も言わずに痛いときだけ伝えたらダメージ大きそうじゃないですか。

 

 さすがに昼間のカフェで話すわけではありません。

 

 終わった後に、「今日はどの時が一番気持ちよかったの?」とか、「何々してるとき気持ちよさそうだったね」とか簡単な会話です。

相手に質問したらたいてい向こうも同じことを聞いてくるので、「こうして欲しい!」って伝えようとしなくても大丈夫。

 

 そもそも自分の気持ちいいところが分かっていないと話にならないわけですが、気持ちよさって人それぞれですし、自分(とパートナー)が良いんだったらそれでいいのです。

 

まだまだ続きます→

retreatsalonai.hatenablog.com