自分で仕事をつくる

今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」

 

 私がブログを書きたくなる時は、毎日だ。

 

とりあえず半年、毎日ブログを書くと決めて約20日経つ。

 

日曜日は書かないこともあるけれど、仕事をしている日は合間を見つけてなんかしら書いている。

もともと中学時代は小説を書いていたし、書くこと自体は苦労していない。

 

 しかし、私の書くことに誰も興味ないだろ、という自意識があって、ブログ始めようとしてはとん挫する、ということを幾度となく繰り返してきた。

 

 

 それがどうしてブログを書くことになったのか。

 

 

 私の仕事と、最近の読書のおかげである。

 

 

 

 仕事をつくる

 

 勤めているシガーバーが閉店することになり、職探しをせねばならない状況になったことは伝えているとおり。

 

 葉巻に関わる仕事がなにかできないか、と考えてみて、初めての人に葉巻の吸い方を教えるのは相当上手いはずだぞ、と思ってBaseに出店してみたわけです。

retreatsalonai.hatenablog.com

 

 よく考えなくても、1000円だったら交通費と飲み物代に消えるし、葉巻1本吸うのに2時間弱かかるわけだから、時給換算にすると500円くらいになる。

 

 

 それでもなぜやるのか。

 

 

 初めて葉巻を吸う人にはまっていって欲しいのと、

 自分で仕事をつくってみたらどうなるだろう、という実験だ。

 

 Baseに出店したところで、見たこともない26の女に教えてもらおうなんて思う人はいないだろうなと思い、ブログ、ツイッター、インスタを始めてみたわけなのです。

 

 

本で人生は変わる

 

 こうやって行動しているのは、読んだ本の影響だ。

 

革命のファンファーレ 西野亮廣

人生の勝算 前田裕二

SNSで夢を叶える ゆうこす

 

その他にもあるけれど、ここでは省略。

 

 これらの本に共通しているのが、失敗してもやり直せばいい、自分のペースでいいと書いてあるところ。

 

 失敗することや未完全な自分をネットにさらしてしまうことにとても抵抗があったんだけれど、とりあえずやってみようと思ったわけです。

 

 

 あと2週間でニートになりそうだし、ブログがどうなっていくか分からないけれど、ちょっとずつ自分なりに進化していければいいなと思っている今日この頃です。