好きと言って広がっていく

 

 最近「好きなことをして生きる」というのがマイキーワードなわけですが、生活していくためには一定の稼ぎが無いと厳しいわけで。

 

 私は、お金はあるに越したことは無いと思っています。

ディオールの服着たいし、フェラガモの靴を履きたいし、エルメスでカバンをオーダーメイドしたいし、カルティエの時計つけたいし、18金のアクセサリーだって欲しい。

葉巻も毎日吸いたいし、お酒も毎日飲みたい。シガーサロンもつくりたい。

いざという時友人を助けられるようになっておきたい。

 

 好きなことを好きと言ったり、やったりしているだけでその次元に行けるか分からないけれど。

 

それでも、好きなものを好き!とアピールするのは大事だなと最近実感しているのです。

 

 

 

本人に好きと伝える

 

 私はツイッターのオープンアカウント(@retreatsalonai)で読んだ本とか、漫画の感想をつぶやくことがあるのですが、かなりの確率で作家さん漫画家さんから反応が来ます。

 

 

f:id:retreatsalonai:20171026151302p:plain
f:id:retreatsalonai:20171026151326p:plain
f:id:retreatsalonai:20171026151343p:plain

 

返信が来ると嬉しいし、何より、届いてるんだ!という気持ちになります。

 

私は、芸能人とかを遠くの存在で、2.5次元かどこかの住人だと思ってました。

 

けれど、ツイッターのおかげで、同じ時間を生きていて、こんなにも簡単に繋がることができるんだと実感しました。

 

 身近な存在からの言葉の影響力は大きく、行動を変える力になります。

 

私の場合、色んな作家さんの本を読んで、こうやって好きなことを発信するためのツイッターのアカウントを作ったり、10年越しでようやくブログを書いてみたりしていて。

 

背中を押してくれた作家さんたちの言葉には感謝してもしきれません。

 

 

好き仲間が増える

 

 本や趣味のことを発信していると、ちょっとずつ「それ私も好きです!」と言ってくれる方が増えていきます。

 

共通の好きなことがある人からの情報は自分の中に入ってきやすいし、ヒット率も高い。

 

その方からこれも良いですよ、って教えてもらうこともあるし、その方の発言を見て自分で調べることもある。

 

自分の好きなこと、興味のあることの情報が集まってくる空間はとても居心地がいいです。

 

 好きなことをして生きれるか分からないけれど、少なくとも、好きなものを好きと言って、少しずつ仲間が増えていけばいいなと思っている今日この頃です。